大豆の粒ya輝(呟き)

栃木県佐野市にあります名水百選の地,出流原町にてその名水を使って[お豆腐]と[湯葉]を製造しております
螢茱轡灰型品&直売店「丁庵」の呟きブログでございます(簡単に言えば豆腐屋のつぶやきブログって事です…)
弊社とはまったく関係の無い事を呟いた日記を書いてしまう時もあるかと思いますが?{それがメインの時も?(笑)!}
その点は、ご了承頂き、お気軽な気持ちでお付き合い下さいませ!v(^0^)v

注):そんな訳で当ブログ内の一部コメントはヨシコシ食品の公式コメントでは無い場合がございますので何卒宜しくお願い致します!  恐縮です…(笑)。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 今日の弁財天2014.11.25.編 | main | 丁庵の冬ギフト 2014お歳暮〜2015寒中見舞い >>

本物の手造り油揚げです!

JUGEMテーマ:グルメ


弊社のヨシコシ食品の油揚げ「国産大豆・手造り・あぶらあげ」は
本物の手造り油揚げです
国産大豆手造り油揚げ

よくスーパーなどの「手揚げ」とか「手揚げ風」とか
謳っている大手メーカーさんの油揚げの
ほとんどは機械で揚げている油揚げです

しかしながら弊社の油揚げは街中にある
個人商店のお豆腐屋さんのように
1枚1枚手で揚げて造っている本物の手造り油揚げなんです!

揚げ作業 低温
まずは油揚げの生地を100℃の油で揚げます
低温で揚げる事で生地内の空気を膨らませ生地を伸ばすことから
豆腐屋用語でこの作業を「のばし」と言います

ある程度生地が大きく伸びてきたら
次に高温(180℃)の油へ移し替えます↓
揚げ作業 高温
高温の油に入れられた生地は生地内の空気がより膨張して
更に大きく伸びます
その後しばらく揚げる事で周りがキツネ色になり
周りがパリッと揚がり油揚げが完成します
この作業を豆腐屋用語で「からし」と言います

この様に小規模のフライヤーで手作業で揚げているので
1時間で約200枚程度しか作れません!
なので大手メーカーさんの油揚げと違い
少々お値段が高い点はご了承願います!
でも本物の手揚げです!

どこかで弊社の「手造りあぶらあげ」を見かけた際は
ご購入頂けますよを幸いです!

よろしくお願いします

*佐野名水とうふ丁庵ヨシコシ食品HP↓
http://www.yoshikoshi.co.jp/
ヨシコシ食品油揚げ!




 
Posted by tofu5
Category : ★商品案内
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
Categories
Archive
Search